フガフガってなんなの?

フガフガハチミツ工場

Author:フガフガハチミツ工場


★フガフガハチミツ工場は、くろまる・nekono・いぬのほねこの三匹による、かわいいけど寂しかったり奇妙だったりする作品をつくるイラストサークルなのよ。

★このブログの記事はだいたいくろまるが書いてるよ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。
こんばんは。
くろまるです。
木曜日になりました。
フガフガ日記のお時間です。

やー。晴れに天気雨に大雨に雷に竜巻にと、忙しい天気でしたね。
竜巻は注意報だけみたいでしたけど。それでいまは涼しいですね。

もうちょっと雨が続いて。そのあと熱い季節がやってきます。ふとんもだんだんと薄くなり。タオルケットがはばをきかせます。それはもう「さん」付けじゃないとつかわせてもらえないくらいに。それでもさらに暑い夜にはタオルケットさんでもどうにもならなくってるわけです。そんな時にはあれです。冷たいおふとんなんかがあるといいんじゃないかと思うわけですよ。それも海外のおつうはんとかで買うようなのじゃなくって。くらげ。くらげつかうの。おふとん用によく飼育されたくらげはふとんとしての新しい人生と狭き門を潜り抜けたプライドがあるから当然刺さない。「刺胞?忘れたよそんなもの」みたいなニヒルな笑いを浮かべて角の落ちた2:1の長方形に伸びる冷たいおふとんになるのです。その上に転がるともう適度に冷たくって眠りが進むと温度がなじみ冷えておなかを壊さなくなるくらいのぬるたい冷たさになる。もちろん転がり出そうなときにはほんのり角度を変えて戻してくれる。それはもうここちいい眠りだ。朝起きて出てゆくのを見送った冷たいおふとんはひとり冷蔵庫にもどる。冷蔵庫の中のゼリーは労いのゼリーがあり、彼らはそれを食べて次の夜に備えるそんなおふとん。電気代もかからないしきっといいものだとおもうのです。くらげ。


つぎの日記はげつようび
くろまる
スポンサーサイト

 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。